土木・建築・水の地質調査会社 アーバンソイルリサーチ(解析)
 調査や試験で得られた地盤情報は、目的に合わせて分析します。そして解析技術を駆使し、徹底的に解析して将来の危険性を予測します。
 建物の下には基礎があり、さらにその下には地盤があります。地盤の方は、ふつう自然のままで、外から見ただけではその正体を知ることができません。不同沈下・崖崩れなどの地盤・基礎がらみのトラブルを未然に防ぐため、地盤と基礎・合理的な補修方法を知り、土質や土性を理解することも重要です。
 軟弱地盤とは、建物を地盤の上に載せると、その地盤だけでは建物の重さを支えきれず、建物が沈下するおそれのある地盤をいいます。
 軟弱地盤に建設する場合は、地盤沈下・液状化等について万全の対策をとっておく必要があります。また、長年住んでいる土地が軟弱地盤であるかの判断は一般の人には難しいものです。
 地盤調査結果に基づいて、敷地状況・施工機の搬入状況等の施工条件を加味して、軟弱度合いに応じた基礎仕様または地盤補強工法を決めていきます。
 水田などの低湿地はもともと非常に軟らかい土ですが、その下に軟弱な粘性土があることも珍しくありませんので、かなりの圧密沈下が起り得ます。粘性土において荷重を受けると、粘土中の間隙水が排水されることにより、徐々に沈下が進みます。
 軟弱地盤上に住宅を建設する場合は、軽量な木造住宅であっても沈下に対する検討が必要になります。
 沈下の影響を把握するためには、敷地の生い立ちや地形(台地や低地などの土地利用区分)のほか、周辺に既存の住宅が存在している場合は、これらの住宅の沈下状況や既存住宅で採用されている基礎形式などを調べることがまずは基本です。
 法面(のりめん)とは、切土や盛土によって人工的に造られた斜面や、河川の人工的に造られた堤防の斜面等をいいます。これらに、地すべり・崩落・落石・決壊の危険性はないかを調査します。
 各種計測を初めとする技術を駆使し、地盤情報をつかみ、雨・風などによる風化・侵食から守るためにどうしたらようかを考えます。
 埋立地などの人工地層は、軟らかい砂層や泥層主体の沖積層(完新統)、さらに下には豊富な真水地下水を含む砂層主体の下総層群(更新統)から構成されているものもあります。
 このため、埋立による地層の圧密沈下、地下水位低下による地層収縮による地盤沈下、地震時の液状化地盤沈下の3種類の地盤沈下をおこしやすい特徴を持ち合わせています。また柔らかな厚い地層の上なので、地震の被害が大きくなりやすい場所とも言えます。
 これらには液状化防止杭の使用などにより、地震時の液状化・流動化防止対策を行い、土地利用の際の安全性を高める必要があります。
業務案内の扉ページへ▼