土木・建築・水の地質調査会社 アーバンソイルリサーチ(地下水)
 近年の水需要の増大に対応し、水資源の開発と高度利用の促進の必要性が高まっています。各種開発工事やトンネル掘削等による地域の水循環系への影響を把握するため、水の利用状況・河川流量・井戸水位・降水量などを調査します。当社では、さまざまな地下水問題に関するコンサルタント業務と実用井戸工事を行っております。
 調査ボーリング孔を利用して、回復法または注水法により非定常状態での地下水挙動から、地盤の透水係数を簡便に求める試験です。
 また、安定水位(平衡水位)は帯水層によって異なり、試験対象層の地下水位を求めることもできます。
 地下水の利用を目的とする場合、井戸の揚水能力の確認を主たる目的とし、多くの場合揚水井戸単独で行い、適正揚水量を求めることが重要となります。
 また、揚水によって地下水位もしくは水頭を減じ、土木工事などの排水工法の設計に利用する場合、帯水層の水理定数を求めることを目的とし、揚水井と複数の観測井を用いて行う規模の大きな試験です。単孔式の透水試験より広い範囲の透水量係数、および貯留係数を求めることができるため、大規模な排水工法設計のための試験として広く用いられています。
業務案内の扉ページへ▼