土木・建築・水の地質調査会社 アーバンソイルリサーチ(土木・建築物)
 土質調査は、土木・建築物の基礎構造の設計・施工に関する基礎資料の作製、軟弱地盤の改良工法や土構造物としての材料土の適正を判断します。当社は最新の土質調査、コンサルタント業務は精緻を極め、その目的に応じた調査計画の立案、各種調査・試験および解析までを一貫して実施しています。
地質調査/画像1
 建設工事における設計・施工地盤調査ボーリングとは、土や岩を観察することにより地層の構成をあきらかにするとともに、その後に実施される土のサンプリング、標準貫入試験などにより、できるだけ原位置に近い状態で得られた試料からの土の分類、土の含水比試験、圧密試験などを行い、設計定数を把握する。
 サウンディングとして最も多く用いられる標準貫入試験では、ボーリングにより確保された孔底を利用し、標準貫入試験用サンプラーを打撃することによって、N値や地盤の状態を知ることができる。
●試験の目的
 この試験は、地盤に設置した載荷板と土の荷重と沈下量の変形及び支持力特性を求めることを目的とする。
●適用範囲
 構造物基礎地盤の変形や沈下、支持力特性を求める試験に適用する。
●用語の定義
 地盤反力係数とは、単位面積当たりの荷重変化に対する沈下量の割合をいう。 また、極限支持力とは、地盤が破壊したときの単位面積当たりの荷重をいう。
地質調査/画像2
 戸建て住宅など小規模建物の支持力特性を把握する地盤調査方法として、簡易的に多く用いられている。

●適用範囲
 この規格はスウェーデン式サウンディング試験機を用いて、原位置における土の硬軟、締まり具合、又は、土層の構成を判定するための静的貫入抵抗を求める試験方法である。
 この試験は、深さ10m程度以浅の軟弱層の静的貫入砂層土層、礫・玉石層、もしくは固結土層などには適用できない。
 動的貫入試験のため、静的貫入試験のスウェーデン式サウンディングで不可能な、盛土地のガラでも打ちぬける。
 また、傾斜地などの複数の調査を実施する場合は、10本の内、5本をラムで計画すると、予算的に安く調査が実施できる。

(ボーリングの補促用や、静的試験の不可能地域に有効)
(サンプリングが出来ない)
 
 ボーリング調査だけでなく、より簡便な方法でトレンチ候補地点における被覆層の情報を得ることのできるオーガーボーリング調査を行います。  試験方法の規格は世界中で共通なため、世界の標準という意味から標準貫入試験と言われます。
 土の層と土の強さを知るための試験方法です。調査可能深さは、50m位までと深い位置まで可能です。軟弱地盤の場合は、標準貫入試験を行った方が良いでしょう。住宅の場合、調査位置は、敷地中央部1箇所で充分です。
 ボーリング孔内を利用して、地盤の変位と圧力の関係を測定し、地盤の水平方向の変形特性を求める試験です。原位置で測定され、信頼性も高く、試験孔さえ削孔できれば、地表付近から深い深度まで、また非常に軟弱な地盤から砂礫地盤・岩盤まで測定が可能です。  調査ボーリング孔を利用して、回復法または注水法により非定常状態での地下水挙動から、地盤の透水係数を簡便に求める試験です。
 また、安定水位(平衡水位)は帯水層によって異なり、試験対象層の地下水位を求めることもできます。
 速度検層(PS検層)はボーリング孔を利用して、地盤を伝播する弾性波を測定し、速度を求める調査方法です。得られた弾性波速度から、地山岩質や土質地盤の力学的特性を定量的に評価することが出来ます。  地盤の電気的性質、つまり地盤に電流を流した際の「比抵抗(電気の流れにくさ)」 や電気化学的な「分極現象」を測定し、地盤物性を把握する代表的な物理探査法です。
 地盤の常時微動を測定することにより、地盤の卓越周期と周波数特性(スペクトルの形状)および地盤中での増幅率などを求められ、これら得られたデータにより、地震時の震動性状や地盤状態(軟弱層の厚さなど)をある程度予測することが可能となります。また、測定増幅率から地盤の動的モデルの検証にも利用できます。  各種コンクリート構造物に使用するコンクリートの配合試験を行っていますが、その中でも、特にコンクリートダムの配合試験を数多く行っています。
ページドップへ▲
業務案内の扉ページへ▼